So-net無料ブログ作成

旅の記憶‐9 秩父17番札所 定林寺 [紀行]

 市域の旧家には、戦国時代の興亡を伝える家が多くあります。忍城を拠点とした成田氏の家中、松山城を拠点とした上田氏の家中、鉢形城を拠点とした北条氏の家中、さらに甲斐国武田氏に与した武士や刀鍛冶や甲冑師など職工を祖先に持ち定住したと伝える家系をお持ちの方もいるようです。
 秩父札所17番 定林寺は秩父市内に所在する寺堂で、鐘楼には立派な梵鐘が架けられています。梵鐘は日本百観音の本尊仏が浮彫に鋳込まれ、傍らに各寺の名と御詠歌が刻まれています。かつてこの寺は札所1番とされていたことからこの鐘が造られたとされます。鐘の銘文によると、宝暦八年(1758)に鋳造され、製作者である鋳物師は「比企郡上小用村(現鳩山町)」の清水武左衛門清長」とあり、中世以来小用鋳物師として専門工人の家系を引く人であったようです。依頼者である施主は「本国上野州 生国武州大里郡上新田村住 柴田信右衛門 藤原豊忠」と記されています。 柴田氏は甲斐武田家に属したとされ、上新田に所在する諏訪神社本殿建築にもかかわる有力者です。 
 定林寺梵鐘と上新田諏訪神社本殿は埼玉県指定文化財となっています。
image001s.jpg
写真1  秩父札所17番  定林寺 巡礼の人々

image003s.jpg image004s.jpg
写真2 定林寺の梵鐘 施主 柴田氏の刻銘

nice!(0)  コメント(0) 

ラグビーワールドカップ2019 ロシア対サモア戦を記念した星溪園での行事開催 [普及事業]


A8D1D338-14F6-417B-8F17-735C07915744.jpeg
立礼席でのお茶会

AE407554-BF3E-49F3-90BC-F44CF66D953F.jpeg
ラグビーボールの形をした練り菓子と抹茶

246FFE93-C774-4915-AC1A-D1CF23D67F77.jpeg
参加されたフランス人

78CCC71D-CC1C-40BE-A18E-BAD6EE94D150.jpeg
ロシア文学講座


 熊谷ラグビー場でのロシア対サモア戦当日の2019年9月24日、熊谷市名勝「星溪園」で、ロシアの文学を代表する文学者で思想家のフョードル・ドストエフスキー(1821-1881)に着目した講演会と、記念茶会を開催しました。講演会では、小説『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』などの概要と、その後のロシア文学に与えた「救済」の思想について解説しました。また会場では、本年生誕100周年を迎えたロシア人画家のボリス・ヤコブレヴィッチ・リアウゾフ(1919-1994)がドストエフスキー作品の登場人物を題材に描いた油彩画を本邦初公開しました。

 お茶会ではラグビーボールを象った練り菓子が出されるなど、ラグビーワールドカップの雰囲気を作り出していました。熊谷でのラグビー観戦に訪れたフランス人もお茶会に参加し、お抹茶とお菓子を堪能されていました。



nice!(0)  コメント(0) 

「もの」と「ひと」の旅―9 ―足元の鉄― [紀行]

 市域では低地の遺跡を発掘すると、多くの場合水田下の沖積土は茶褐色や灰褐色をした粘質土ですが、斑状にあるいはシミ状に茶褐色や赤茶色の模様が見えることがあります。時には固く締まり、掘り出すと赤さびの塊のようになっています。よく見ると中心に穴があり「ちくわ状」をしている場合もあります。この塊は「タカシ小僧」とよばれるもので、土中の鉄分がヨシ、アシなどの水生植物の根に集積したものです。大きく成長したタカシ小僧は、褐鉄鉱の塊で製鉄の原料となるようです。
 荒川の砂州やローム台地の雨道には砂鉄が黒々と洗い出されている場面を見ることがあります。このように現われた砂鉄を丹念に採取し、「たたら」と呼ぶ溶融施設を作り砂鉄を焚き上げて鉄塊を得たのです。このようなたたら製鉄跡は奈良・平安時代に入ると荒川河畔に立地している箱石遺跡(寄居町末野)、台耕地遺跡(深谷市小前田)に発見されています。先の遺跡から素材の供給を受けたと思われる市域の集落遺跡からも小鍛冶を行った遺構・遺物が見つかっており、北島遺跡(上川上)、飯塚北遺跡(永井太田)、西別府廃寺(西別府)、一本木前遺跡(東別府)、塩西遺跡(塩)、宮下遺跡(千代)、熊野遺跡(野原)、寺内廃寺東院集落跡(柴)では炉跡や羽口、鉄滓、鋳型などが出土しています。
image001s.jpg
タカシ小僧 酸化鉄塊   中条地区採取

image003s.jpg
タカシ小僧の検出状況 中条古墳群・中条中島遺跡
nice!(1)  コメント(0) 

「もの」と「ひと」の旅―8 ―鉄器を造り、使う― [紀行]

 熊谷市内で出土した鉄製品の中で最も古い時期の資料は、4世紀中ごろに築造された塩古墳群第25号墳副葬の「鉄剣」になります。この鉄剣は全長約20cm、刃長13.5cmと小型で一方が片耗しているように見えます。利器として日ごろの使用が窺われ、被葬者の愛用品として納められたようです。今後も集落や古墳から武器や農具などの発見も予想されます。
 では製鉄や鉄器製造はどうでしょうか。製鉄が確認されるのは奈良・平安時代からのようで荒川河畔に発見された台耕地遺跡(現深谷市黒田)や箱石遺跡(寄居町末野)は古代の大規模な製鉄遺跡で砂鉄を溶融したタタラ炉が何基もあって、奈良平安時代を通じて製鉄が行われ鉄素材の主要な供給地だったようです。
 鉄器の製造は村の鍛冶屋といった「小鍛冶」遺構の発見が、行人塚遺跡(5紀前半)・本田東台遺跡(6世紀後半)・熊野遺跡(9世紀前半)・宮下遺跡(9世紀後半)、中条中島遺跡(5世紀前半)など大規模な集落跡での発見が多く、古墳時代中期頃から鉄器の製造が確認されます。この時期は、製鉄の他に須恵器の生産も各地で始まるなど、窯業生産や金属生産に関わった人々は先進的な技術を持った渡来人を含む工人たちで、大和の王権から東国への技術・文化の扶植活動を担っていたと考えられています。末野窯跡(寄居町)では古墳時代後期から須恵器の生産が始まります。
image001s.jpg image002s.jpg
 写真1 行人塚遺跡の羽口に使われた古墳時代中期の高坏の脚部(上部が被熱により融解している)
 なお、行人塚遺跡と同時期と思われる上丹生屋敷山遺跡(群馬県富岡市)では、高坏転用羽口や鉄滓と共に「鉄鋌」が出土しています。同時期の国内出土「鉄鋌」はほとんど朝鮮半島製とされており、実際に素材として東国に移入され使用していることが知られます。
image005s.jpg
 写真2 中条中島遺跡の小鍛冶跡、小炉だが炉底は還元され青灰色となり周囲は赤化していた。炉底は3か所以上確認できた。

参考文献
 1988『本田・東台遺』江南町文化財調査報告第8集(熊谷デジタルミュージアム「図書室にPDF掲載)
nice!(0)  コメント(0) 

ニュージーランド・インバーカーギル市民訪問団が国宝「歓喜院聖天堂」来訪 [建造物]

7CA8EB91-81A9-4EA2-AFF8-614B9AA08B9D.jpeg

9月23日、国宝「歓喜院聖天堂」で、ニュージーランド・インバーカーギル市民訪問団をお迎えしました。彫刻の見学のほか、御祈祷も行われました。ラグビーワールドカップ2019に関連しての来訪で、日本テレビのZIP!取材陣も同行していました。その後、市民訪問団は市長表敬訪問や歓迎会に参加したほか、翌日以降、ラグビー観戦や市内外での日本文化を体験するなど、楽しく時間を過ごされています。



nice!(0)  コメント(0) 

ラグビーワールドカップ2019 ロシア VS サモア おもてなしエリアにて [普及事業]

 本日から熊谷市でもラグビーワールドカップ2019 ロシア VS サモア戦が「熊谷ラグビー場」で開催されます。開催に合わせて会場である熊谷スポーツ文化公園の「くまがやドーム」では、世界各国から来る皆さんをおもてなしするべく、県・市町村・開催国PRブースなどやフードエリアを設けます。
 我々江南文化財センターは、熊谷市のブースで文化財PRを実施します。会場周辺は中条古墳群(大塚古墳、女塚古墳、鎧塚古墳)、常光院、龍淵寺、愛染堂(愛染明王)など多様な文化財があります。 
 また、会場である「熊谷スポーツ文化公園」は北島遺跡(縄文~近世)を包蔵しており、30年以上にわたって発掘調査が実施されてきました。
 こうした貴重な文化財の存在を是非とも世界の皆さんへPRすべく、映像、パネル展示などでおもてなしする予定です。
 観戦する皆様、ぜひお立ち寄りいただき、熊谷の文化財を知っていただければ幸いです!



https://www.kumagaya-rugby.jp/others_info/omotenashi/
(熊谷へラグビーを見に行こう内おもてなしエリアURL)

DSC_0062.jpg
DSC_0064.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

「もの」と「ひと」の旅―7 ―鉄のやってきたころ― [紀行]

 考古学的には鉄は植物製品と同様に残りにくいものです。通例、土中にある鉄製品は腐食し分解しますが、条件が良くても銹の塊となって発見されることか常で、元の姿を知ることが難しい場合もあります。当センターや他の博物館で展示される鉄製品は丹念なクリーニングや欠損部分を補修するなどして保存処理を行った資料です。大刀・鉾・鏃から鎌・鍬先・釘などの武器から工具まで、市域の集落遺跡や古墳から数多く出土しています。
 では、これらの鉄器はどこで作られたのでしょう、あるいは加工されたのでしょうか。鉄の原料は砂鉄か鉄鋼石などですが、素材となる「銑鉄」を作るには大規模な「たたら」の設備が必要ですが、今のところそのような古墳時代の遺跡発見例は知られていません。しかし、素材から製品を作る加工所として「小鍛冶跡」の遺構は市内でも見つかっています。須賀広本田・東台遺跡は「おどる埴輪」の出土した「野原古墳」と野原古墳群の母体となる6世紀中ごろの集落で、住居跡から炉跡や送風管に使った「羽口」、溶けた鉄の塊(鉄滓)が発掘されています。成沢の行人塚遺跡や上中条の中条中島遺跡の鍛冶遺構は5世紀前半の時期で、高坏を転用した羽口や石槌・金床石・鉄滓・炉跡が出土しています。行人塚遺跡の鉄滓を分析したところ中国産の鉄であることが推定されています。同時期の古墳からは鉄挺(てってい)とよばれる延板の鉄素材が副葬されていますが、原料ではなく素材として大陸からの交易品なとどしてもたらされたものです。当時は近畿地方に大仙古墳(仁徳天皇陵)や誉田御廟山古墳(応神天皇陵)が出現する時期とされ、政治・社会構造の進展とともに人・物資の移動など地域間交流が活発であったと考えられています。
image001s.jpg image002s.jpg
写真1 椀型をした鉄滓  寺内遺跡出土

image005s.jpg
image006s.jpg
写真2 半裁した鉄滓(写真1)の断面  磁石が付くほどの鉄分が残っていた。

nice!(0)  コメント(0) 

「もの」と「ひと」の旅―6 ―銅器をかたどる― [紀行]

sekka_640x325.jpg
写真1 前中西遺跡の石戈の写真

 前回に引き続き、金・銀と来たら銅、次は鉄です。では銅はどうなっているのでしょう。
考古資料としての銅器は弥生時代以降の遺跡から発見されることが一般的ですが、それは東海・中部地方以西が主で「銅鏡」「銅鐸」「銅剣」「銅矛」「銅鏃」などの器種が知られていますが、埼玉をはじめ関東では未だ見つかっていない状況ですが、そろそろ見つかるような気もします。その候補地の一つが市域の前中西遺跡です。長らく市街化整備による街路や住宅の建物敷地の発掘調査を行ってきましたが、弥生時代中期以降の遺構遺物が発見されていて、銅製武器になぞらえた石製の「戈」が完形品1点 破片1点が出土しました。「石戈」と呼びますが、銅戈を忠実に写したもので、長野県佐久市~群馬県安中市域で産出する黒色粘板岩を材料としています。前中西遺跡は信州地方との交流が深く今までにも土器や管玉製品などの類似性が指摘されています。
 信州地方には柳沢遺跡(中野市)から「銅矛・銅鐸」などの銅器が出土していますから、実物を見て石戈を作った人々がこれを携え市域にやってきたことも想定されます。当時国内での銅採掘とその利用はまだないので、素材は大陸からもたらされた貴重品です。大陸との交易が活発になる弥生時代後期には、銅鏡出土遺跡の発見が増えることから、東日本にも銅製品が到達するようです。
 なお、前中西遺跡の石戈は、「九州国立博物館」の特別展示から帰ってきております。
 また最近では独立棟持柱を持つ大形建物発見され、畿内的な祭祀場が設けられていたことも措定され、当地域の中心的な集落であった可能性がより強くなっています。

参考文献
  関東弥生文化研究会埼玉弥生土器観会 編 20014『熊谷市前中西遺跡を語る』考古学リーダー23 六一書房
nice!(0)  コメント(0) 

「奥原晴湖ワンダーランド―晴湖が描いた美の世界―」からの始まり [普及事業]


7AE53519-EBE9-45FA-929A-84B90DD8CACA.jpeg

038063EA-866B-4166-9BED-6A8BCBAC7AE3.jpeg


 2019年9月15日(日)ね熊谷市中西にあるコミュニティスペース「二十二夜」で「特別公開「奥原晴湖」の芸術に触れる」と題したイベントが開催されました。
 南画家の奥原晴湖及び門下生が描いた書画掛軸を特別公開し、ギャラリートークと解説会「奥原晴湖ワンダーランド―晴湖が描いた美の世界―」(熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹)を開催しました。特別公開された掛軸は奥原晴湖と弟子の渡辺晴嵐、晴翠が描いたもので、大半が初公開作品でした。ラグビーワールドカップ2019の開催される熊谷ラグビー場がある上川上地区は、かつて晴湖の画室があった場所であり、そうした繋がりからも現代において晴湖作品を見つめなおす良い機会になったのではないかと思います。そして将来においてこのような美術作品の保存に向けて、意識を共有することができました。

 また、会場では2018年4月に上之の龍淵寺での展覧会・講演会を契機に企画され、本年醸造発売された日本酒「二上 晴湖」をはじめ、熊谷の文化財や歴史のガイドブック『熊谷ルネッサンス』と俳人金子兜太の俳句解説本『青鮫は来ているのか』(金子兜太・山下祐樹著、オーケーデザイン)なども展示されました。







nice!(0)  コメント(0) 

熊谷ラグビー場 ロシア対サモア戦 記念講座「ロシア文学のレガシーに触れる」+特別記念茶会の開催 [お知らせ]


ラグビーワールドカップ2019TM 公益社団法人熊谷青年会議所まちなかゼミナール
熊谷ラグビー場 ロシア対サモア戦 記念講座「ロシア文学のレガシーに触れる」を開催します。
同会場では、特別記念茶会も併催します。

53509CD0-72BC-4342-9C39-5B57FABFBC6B.jpeg

熊谷ラグビー場でのロシア対サモア戦当日の2019年9月24日、熊谷市名勝「星溪園」で、ロシアの文学を代表する文学者で思想家のフョードル・ドストエフスキー(1821-1881)に着目した講演会を開催します。小説『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』などの概要と、その後のロシア文学に与えた「救済」の思想について分かりやすく解説します。また会場では、本年生誕100周年を迎えたロシア人画家のボリス・ヤコブレヴィッチ・リアウゾフ(1919-1994)がドストエフスキー作品の登場人物を題材に描いた油彩画を本邦初公開します。

日時 2019年9月24日(火)13時~14時  
受講無料 当日受付 定員25名(先着順)
会場 星溪園積翠閣(熊谷市鎌倉町32)
内容 「ロシア文学と救済の思想―ドストエフスキー文学論序説―」
講師 東京藝術大学美学芸術論研究会 山下祐樹 氏(熊谷市立江南文化財センター)




特別記念茶会
日時 9月24日13時~16時(受付15時30分まで)
(お越しになった方からご案内する約30分のお茶会体験です。)
会場 星溪園 星溪寮 立礼席 費用 500円 定員 30名
席主 籠原茶道会

8E0A5D47-31E4-4A4F-8345-ACAEE6B2BAB6.jpeg


主催 公益社団法人熊谷青年会議所 協力 熊谷市教育委員会 熊谷学ラボラトリー   
問合せ 星溪園 048-522-9389 



nice!(0)  コメント(0)