SSブログ
前の10件 | -

元素楼跡と青天を衝け [その他]

E3E1D655-DC45-4E16-A7A5-8E917558C0F1.jpeg
 元素楼は、明治2年に玉井村の養蚕家・鯨井勘衛が屋敷内に建てた3階建て間口16間奥行き8間の養蚕研究施設です。
 天保2年(1831)に幡羅群玉井村の代々名主の家に生まれた鯨井勘衛は蚕糸業の先駆者で文久3年(1863)には、蚕種の製造をはじめ、慶応2年(1866)には、荒川河原に桑園を開きました。これが埼玉県における桑園の始まりです。
 勘衛は、元素楼で自然の気候を活かした「清涼育」という画期的な養蚕技術を地方人に伝習しました。この養蚕技術によって、製糸の原料が格段に増加しました。
 勘衛は、富岡製糸場の設立を主導した渋沢栄一や初代場長の尾高惇忠、養蚕家の田島弥平らとも交流があり、近代産業の発展を下支えしました。また、明治6年には、昭憲皇后、英照皇太后両陛下が富岡製糸場へ行啓の折、元素楼に立ち寄られ、養蚕の状況や田植えの仕事をご覧になりました。

 元素楼はその後、移築解体され、その跡地には行啓記念碑が建っており、「元素楼跡」として熊谷市の史跡に指定されています。


参考
・熊谷デジタルミュージアムhttp://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/ijin/kujiraikane.htm
・山下祐樹、金子兜太 2017『熊谷ルネッサンス Kumagaya Renaissance―熊谷の歴史と文化遺産を
結ぶ「道」―金子兜太「熊谷の俳 句」』オーケーデザイン
・山下祐樹 2020 近代化遺産調査報告1 「旧片倉工業熊谷工場・片倉シルク記念館」
―埼玉県熊谷地域における絹産業と製糸の歴史に関連した近代的建造物の概要をめぐって―
熊谷市文化遺産研究会・文化財情報資料研究会・広領域研究グループ


nice!(0)  コメント(0) 

江南文化財センター屋根樋管の清掃 [その他]

40548FCA-ED33-4E10-922B-9292B7694895.jpeg

2月25日、江南文化財センターの屋根樋管の清掃が行われました。センターの南側には暴風保安林が広がり、落葉樹の落ち葉が屋根付近に堆積することが多く、樋管が詰まりやすくなっています。そのため定期的な清掃が必要となり、専門業者が高所作業車を用いてジェット水などを吹きかけて作業しました。江南文化財センターは北側に窓があり、北からの自然光が室内に入る「ノースライト」の構造となっています。南側の森と北側の正面風景という構図で珍しいかも知れません。そんなことからも、今回のような作業も感慨深く考えてしまうところです。






nice!(0)  コメント(0) 

埼玉未来大学ライフデザイン科熊谷学園 江南文化財センターを学ぶ [普及事業]

DB625CE3-E028-4B4E-BF37-FC5190A2F0EE.jpeg

B7479937-06FA-4A87-BD58-CD440F96F20A.jpeg

2月20日、埼玉未来大学ライフデザイン科熊谷学園の皆様が江南文化財センターを来訪しました。所内施設の紹介と文化財の解説を通じて熊谷市の文化財保護事業の状況等についてお話ししました。通常は閉館日となる土曜日ではありましたが、特別の見学会として開催しました。展示室や収蔵庫などに対して興味を持たれた方々も多く、向学心の助力となればと考えています。




nice!(0)  コメント(0) 

文化財公開講座「愛染堂と藍玉産業―尾高惇忠筆の奉納額と渋沢家の関わり―」と青天を衝け [普及事業]

615F3E8F-05CD-428F-98B2-D8A556A2D7A4.jpeg
講座「愛染堂と藍玉産業―尾高惇忠筆の奉納額と渋沢家の関わり―」

2C81B67A-7B39-4F1E-BA35-7CCED935BAC2.jpeg
藍染絵馬と尾高惇忠筆奉納額、中央奥には愛染明王(いずれも市指定有形民俗文化財)

0C1A63AC-7331-4850-AAB8-F02DC6967FB7.jpeg
愛染堂正面と屋根上部に止まる白鷺

 2021年2月21日、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の公開を記念して、熊谷市下川上の「宝乗院愛染堂」を公開し、同院で保管する熊谷市指定有形民俗文化財「藍染絵馬」(4枚)、渋沢栄一の師で義兄である尾高惇忠が揮毫した同文化財「奉納額」を特別公開しました。

 日本近代資本主義の父、渋沢栄一に関連した様々な情報発信に合わせて企画されたものです。また愛染堂の本尊である「愛染明王」は藍玉の産業における祈願と深く関わることから、尾高・渋沢家の信仰を集めたといわれています。

 尾高・渋沢と愛染堂との関わりについて再認識する機会の提供を目的に、文化財の公開と解説会を実施し、「愛染堂と藍玉産業―尾高惇忠筆の奉納額と渋沢家の関わり―」というテーマで、熊谷市江南文化財センター山下祐樹主任が、尾高・渋沢・竹井澹如の関りから見える藍玉産業と信仰についてお話ししました。当日は厄病退散祈願とともに、約150名が参加しました。



nice!(0)  コメント(0) 

片倉シルク記念館と青天を衝け [建造物]

ff1613712221360.jpg
片倉シルク記念館と絹の道に関する講座

1613712226841ff.jpg
館内の解説

 2021年2月18日、熊谷市本石の片倉シルク記念館で、熊谷シルクの歴史と片倉シルク記念館について学ぶ講座を開講し、15名が参加しました。この講座は、概要報告書『旧片倉工業熊谷工場・片倉シルク記念館 : 埼玉県熊谷地域における絹産業と製糸の歴史に関連した近代的建造物の概要をめぐって』(熊谷市文化遺産研究会)の刊行を記念して開催され、同報告著の編著者である熊谷市立江南文化財センターの山下祐樹主任が講師を担当しました。NHK大河ドラマ「青天を衝け」の放映が始まり、渋沢栄一や富岡製糸場初代場長の尾高惇忠に関心が集まる中、片倉工業の創設に関わった渋沢の存在と、富岡から熊谷の歴史的経過を絹産業に関連したエリアとして認定し発信を進める「上武絹の道」プロジェクトに想いを馳せる講座となりました。「片倉工業の歴史と尾高・渋沢の関わり」をテーマにした講義の後に、片倉シルク記念館の鈴木功館長による館内解説を行いました。時流に乗って、片倉シルク記念館にも注目が集まるよう情報発信を進めていきたいと思います。

報告書については、熊谷デジタルミュージアムの次のURLをご参照ください。
http://www.kumagaya-bunkazai.jp/kounanmatinoiseki/kbk_kdi_kyuukatakurakougyoukumagayakoujyou_katakurasirukukinenkan.pdf





nice!(0)  コメント(0) 

集福寺と青天を衝け [その他]

B68049BE-F916-47AF-BE61-F18AD05E15E0.jpeg
 市内下奈良にある集福寺は、江戸時代末期から明治時代にかけて、この地の名主として土木民生の事業につくした慈善事業家・吉田市右衛門の菩提寺として知られています。
4E7747B6-2FB8-4231-AD04-EEDF691F2DB8.jpeg
 吉田市右衛門墓

 文久3年(1863)、薩英戦争でイギリスの捕虜となった五代友厚が幡羅郡四方寺村(現在の熊谷市四方寺)の吉田六左衛門家に逃れ匿われた際、吉田市右衛門とも交流しました。
 五代友厚は、薩摩藩に生まれ、大阪の経済復興に貢献した実業家として有名です。1867年に開催されたパリ万国博覧会に薩摩藩として参加し、このとき幕府の一員として参加していたのが渋沢栄一でした。後に、渋沢栄一と並び「西の五代、東の渋沢」と称されました。
 今後、NHK大河ドラマ「青天を衝け」での五代友厚の登場にも注目したいです。

nice!(0)  コメント(0) 

NHK 大河ドラマ「青天を衝け」公開記念「藍染絵馬・尾高惇忠筆奉納額」特別公開 [普及事業]

愛染明王・藍染絵馬・尾高惇忠筆奉納額(愛染堂内)3 (2).jpg
愛染明王・藍染絵馬・尾高惇忠筆奉納額(愛染堂内)

 2021 年NHK 大河ドラマ「青天を衝け」公開を記念し、「藍染絵馬・尾高惇忠筆奉納額」を特別公開します。日本近代資本主義の父、渋沢栄一に関連した様々な情報発信に合わせて、熊谷市下川上の「宝乗院愛染堂」で保管する熊谷市指定有形民俗文化財「藍染絵馬」(4 枚)、渋沢栄一の師で義兄である尾高惇忠が揮毫した同文化財「奉納額」を特別公開します。また愛染堂の本尊である「愛染明王」は藍玉の産業における祈願と深く関わることから、尾高・渋沢家の信仰を集めたといわれています。尾高・渋沢と愛染堂との関わりについて再認識する機会の提供を目的に、文化財の公開と解説会を開催します。皆様のご来場をお待ちしております。

日程 2021年2月21日(日)
9:00〜13:00(一般公開) 入場無料
会場 宝乗院愛染堂(熊谷市下川上33)
記念行事(愛染堂) 申込不要
10:00〜10:30 厄病退散祈願 宝乗院愛染堂住職 宮崎憲田
10:30〜11:00 解説会「愛染堂と藍玉産業
―尾高惇忠筆の奉納額と渋沢家の関わり―」
熊谷市江南文化財センター 山下祐樹
問合せ 主催:愛染堂特別公開実行委員会(宝乗院・電話048-522-0237)
協力:熊谷市立江南文化財センター(電話048-536-5062)


nice!(0)  コメント(0) 

長島記念館と青天を衝け [建造物]


B893ED85-2A55-42F5-99C7-876CA13E0312.jpeg
石蔵の美術展示室(左側)

 熊谷市小八林にある長島記念館は、旧埼玉銀行頭取の故長島恭助氏の邸宅で、庭園と建物含む敷地全体が熊谷市の名勝に指定されています。現在、新型コロナウイルス対策を万全にして通常開館しています。石造の蔵や江戸時代後期に建立された母屋、収蔵展示している日本近代美術コレクションをお楽しみください。NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公の渋沢栄一が揮毫した書も収蔵されています。


〒369-0103 埼玉県熊谷市小八林1022番地 TEL・FAX:0493-39-2025

■開館時間午前10時〜午後4時■休館日毎週月・木曜日(祝日を除く)
祝日の翌日(土・日を除く)
夏期・年末年始■入館料一般 300円(210円)
小・中学生 100円(70円)
*( )内は20名以上の団体■駐車場50台収容■アクセス・JR高崎線熊谷駅南口からゆうゆうバス「ひまわり号」長島記念館行き40分
 「長島記念館前」下車すぐ
・JR高崎線吹上駅から車で5分


nice!(0)  コメント(0) 

NHK大河ドラマ「青天を衝け」幕を開ける [普及事業]

1080x360.jfif
Twitter 大河ドラマ「青天を衝け」サイトより

 幕末から近代日本の礎を築いた日本近代資本主義の父となる渋沢栄一の生涯を描く俳優の吉沢亮さん主演の2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)が2月14日にスタートしました。熊谷ともつながりの深い渋沢栄一。幾度も熊谷を訪れ、家業の藍玉作りは北武蔵全域の当時の産業でもあるなど関係が深いものがあります。初回を見ると、方言も馴染みのあるもので、熊谷人にとっても思い入れのある作品になりそうな予感がしています。約一年間を通じて渋沢の偉業と、北埼玉地域を発端とした躍動感ある歴史の展開を堪能できたらと感じています。


NHK大河ドラマ「青天を衝け」公式サイト
https://www.nhk.or.jp/seiten/





nice!(0)  コメント(0) 

講座「熊谷句碑歌碑物語」の動画配信 [句碑・歌碑]



2020年11月12日に熊谷市肥塚公民館で開催された講座「熊谷句碑歌碑物語」の様子をYouTubeの江南文化財センターサイトにおいて配信しています。講師を江南文化財センターの山下祐樹主任が担当し、熊谷市内にある句碑と歌碑に着目し、熊谷の俳人・金子兜太氏や芭蕉などの句碑について解説したほか、熊谷の文化活動を先導した石坂養平氏や棚澤慶治氏についてお話ししました。コロナウイルス対策によりステイホーム期間が長くなっていますが、市内の句碑を散策する感覚で、どうぞ配信動画をご覧いただけたら幸いです。





nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -