SSブログ

元素楼跡と青天を衝け [その他]

E3E1D655-DC45-4E16-A7A5-8E917558C0F1.jpeg
 元素楼は、明治2年に玉井村の養蚕家・鯨井勘衛が屋敷内に建てた3階建て間口16間奥行き8間の養蚕研究施設です。
 天保2年(1831)に幡羅群玉井村の代々名主の家に生まれた鯨井勘衛は蚕糸業の先駆者で文久3年(1863)には、蚕種の製造をはじめ、慶応2年(1866)には、荒川河原に桑園を開きました。これが埼玉県における桑園の始まりです。
 勘衛は、元素楼で自然の気候を活かした「清涼育」という画期的な養蚕技術を地方人に伝習しました。この養蚕技術によって、製糸の原料が格段に増加しました。
 勘衛は、富岡製糸場の設立を主導した渋沢栄一や初代場長の尾高惇忠、養蚕家の田島弥平らとも交流があり、近代産業の発展を下支えしました。また、明治6年には、昭憲皇后、英照皇太后両陛下が富岡製糸場へ行啓の折、元素楼に立ち寄られ、養蚕の状況や田植えの仕事をご覧になりました。

 元素楼はその後、移築解体され、その跡地には行啓記念碑が建っており、「元素楼跡」として熊谷市の史跡に指定されています。


参考
・熊谷デジタルミュージアムhttp://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/ijin/kujiraikane.htm
・山下祐樹、金子兜太 2017『熊谷ルネッサンス Kumagaya Renaissance―熊谷の歴史と文化遺産を
結ぶ「道」―金子兜太「熊谷の俳 句」』オーケーデザイン
・山下祐樹 2020 近代化遺産調査報告1 「旧片倉工業熊谷工場・片倉シルク記念館」
―埼玉県熊谷地域における絹産業と製糸の歴史に関連した近代的建造物の概要をめぐって―
熊谷市文化遺産研究会・文化財情報資料研究会・広領域研究グループ


nice!(0)  コメント(0) 

江南文化財センター屋根樋管の清掃 [その他]

40548FCA-ED33-4E10-922B-9292B7694895.jpeg

2月25日、江南文化財センターの屋根樋管の清掃が行われました。センターの南側には暴風保安林が広がり、落葉樹の落ち葉が屋根付近に堆積することが多く、樋管が詰まりやすくなっています。そのため定期的な清掃が必要となり、専門業者が高所作業車を用いてジェット水などを吹きかけて作業しました。江南文化財センターは北側に窓があり、北からの自然光が室内に入る「ノースライト」の構造となっています。南側の森と北側の正面風景という構図で珍しいかも知れません。そんなことからも、今回のような作業も感慨深く考えてしまうところです。






nice!(0)  コメント(0) 

集福寺と青天を衝け [その他]

B68049BE-F916-47AF-BE61-F18AD05E15E0.jpeg
 市内下奈良にある集福寺は、江戸時代末期から明治時代にかけて、この地の名主として土木民生の事業につくした慈善事業家・吉田市右衛門の菩提寺として知られています。
4E7747B6-2FB8-4231-AD04-EEDF691F2DB8.jpeg
 吉田市右衛門墓

 文久3年(1863)、薩英戦争でイギリスの捕虜となった五代友厚が幡羅郡四方寺村(現在の熊谷市四方寺)の吉田六左衛門家に逃れ匿われた際、吉田市右衛門とも交流しました。
 五代友厚は、薩摩藩に生まれ、大阪の経済復興に貢献した実業家として有名です。1867年に開催されたパリ万国博覧会に薩摩藩として参加し、このとき幕府の一員として参加していたのが渋沢栄一でした。後に、渋沢栄一と並び「西の五代、東の渋沢」と称されました。
 今後、NHK大河ドラマ「青天を衝け」での五代友厚の登場にも注目したいです。

nice!(0)  コメント(0) 

第18回源宗寺本堂保存修理委員会 [その他]

 2月2日(火)、源宗寺本堂「地鎮式」終了後、平戸荘にて第18回源宗寺本堂保存修理委員会が開催されました。議題では仮建屋に移動した仏像の今後の修繕方法や、現在手続きを進めている建築審査等の進捗状況について話し合いました。工事の本格的な開始に向けて準備を続けていく予定です。
1593E198-378B-46E9-89D2-8045B14709BB.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

源宗寺本堂保存修理事業 進捗情報 [その他]

 1月28日、源宗寺本堂の改修に伴う熊谷市の関係機関との調整を行いました。
 源宗寺本堂の保存修理事業において、旧来部材の再利用が困難であることが分かり、一部の部材の保存などを除き、建て替えとして概ね新築の形態となることから、開発審査や建築確認に関する諸手続きが必要となります。今回の事業においては、開発に関する「適合証明」という許可と、建築構造の法令的な妥当性を確認するための建築確認の関連申請事務を行うことになりました。
089D7DF8-5BED-4D6D-9B47-408A946E7450.jpeg
 今回の調整では、建築小委員会のメンバーと、熊谷市の開発審査課及び建築審査課職員、開発に関連した雨水の処理管理棟の要件の確認のため河川課職員が同席しました。調整では必要書類の確認や提出図面における留意点などを話し合いました。
 12月以降の解体時、部材等の保存が芳しくなく再利用が困難であることが再確認できたことに伴い、新規建築としての申請が必要であると判断し、申請書類の提出を準備しています。これによって2月上旬の着工予定を計画変更し、3月中の着工に向けて工程表の練り直しを進めています。しかしながら、今回のような新たな事務手続きの追加などの状況も加味した上での計画であることから、本年11月頃の完工については予定通りとなる見込みです。




nice!(0)  コメント(0) 

源宗寺本堂保存修理事業 進捗状況 [その他]

 1月25日夕方、市内平戸の源宗寺本堂跡地では、施工を担当する大島工務店が地縄張りを行っていました。
B6D3BA76-15C2-411B-8741-43B290D14DD0.jpeg
FE1B1866-F9F0-4EF9-8472-E13189BED3D1.jpeg
 「地縄張り」とは、工事に着工する際、一番最初に行う作業で、建築予定の敷地に縄を張って、設計図通りに建物の大きさや配置を決めていく作業のことです。建物の角に当たる部分に木の杭を打って、建物の輪郭に沿ってビニール紐を張っていきます。地縄張りは、木造建築独自の作業のようです。
 この地縄張りが行われた後に、地鎮式が行われます。地鎮式は、来週2月2日(火)の午前10時より源宗寺本堂跡地にて行われる予定です。


nice!(0)  コメント(0) 

源宗寺本堂保存修理事業 進捗状況 [その他]

 1月21日(木)、熊谷市指定有形文化財「木彫大仏坐像(平戸の大ぼとけ)」を収蔵する仮建屋にて、中央消防署の職員2名と江南文化財センターの担当職員、源宗寺本堂保存修理委員会から事務局長と地元在住のメンバー数名が集まり、防災設備の確認を行いました。
D76ABE69-C8C0-48F1-A021-C60C6FC32BEC.jpeg
4EB8298C-F347-4B51-8BBA-ADBB1F30DA56.jpeg
 建物自体が文化財に指定されている場合、防災設備として①消火器、②自動火災報知機、③誘導灯の3つの設置が必要となります。
 今回の場合は、建物ではなく中に収蔵されている仏像が文化財となっているため、消防署の判断により、消火器の設置のみで対応することとなりました。消火器は2本用意し、1本は仮建屋内に、もう1本は境内の桶置き場に設置します。
 すでに委員会関係者の緊急事態時の連絡網を作成済ですが、今回の話し合いで、万一の際に地元在住の関係者がすぐに対応に当たれるよう、仮建屋のスペアキーを増やすことが決まりました。


nice!(0)  コメント(0) 

源宗寺本堂保存修理事業 進捗状況 [その他]

 1月19日、源宗寺本堂の建て替え現場の地質状況等を把握するため、地盤調査を実施しました。
ED996F95-6A94-4EF5-8CE1-6EBCBC69C08C.jpegCFA786E9-5E88-4C81-864C-FE93FA834CC4.jpeg
 過去の調査履歴によると、新たな建物を想定する位置の北西側が、安定地盤に至るまで地下約9メートルの深さを要するとされていたため、基礎構造の検討により、通常基礎より深度があるパイル工法を実施する予定となっています。
 今回の調査では建て替える本堂の四隅付近の状況を把握することとなり、それぞれが安定地盤の層まで約4メートルという結果が出ました。このことから各点において地盤の過度に脆弱な箇所が無いことが分かりました。
 通常基礎でも許容とされると考えられますが、新築後、二体の大仏を安全に保管するためには工法を変えず基礎の万全な方策で実施する見込みです。正確な結果報告は今後となりますが、建築上としては少し安心できるものであったと思われます。
nice!(0)  コメント(0) 

源宗寺本堂保存修理事業 進捗状況 [その他]

 本日1月20日は、1年で最も寒いといわれる二十四節季の「大寒」です。厳しい寒さのなか、市内平戸の源宗寺本堂の跡地では、埋蔵文化財の試掘調査が実施されました。
5B3AEA19-4826-4089-AF98-E43CCD01DE34.jpeg
 土器や石器などの遺物が出土したり、古墳や居住跡などの遺跡が土中に埋もれている土地のことを包蔵地といいます。源宗寺が所在するこの場所は、平戸遺跡という遺跡の包蔵地に該当しています。
 今回は、熊谷市指定有形文化財である2体の木彫大仏坐像(平戸の大ぼとけ)が、かつて本堂内で安置されていた場所の真下を含め、遺物の出てくる可能性が高いと思われる計3ヶ所で試掘調査を実施しました。
71C519FB-BC4A-4A51-B65D-B7B4E594F0AD.jpeg
ショベルカーを使い、少しずつ水平に地面を掘っていきます。
7F120ABA-919E-4933-9660-2A3C84EF7187.jpeg
9DA99AA4-D7A2-4FD8-98B3-C26D1104AEEB.jpeg
江南文化財センターの担当職員が、カマやスコップを使って地層がきれいに見えるよう、丁寧に土を削っていきます。
FA3BF2DE-ED76-4B51-B370-EB0F330CD721.jpeg
今回の調査では、源宗寺本堂建設当初のものと思われる礎石がいくつか出土しました。


 来月2月2日(火)には、地鎮式が行われます。源宗寺跡地にて、午前10時より開催予定です。



nice!(0)  コメント(0) 

源宗寺本堂保存修理事業 進捗状況 [その他]

 1月7日からはじまった源宗寺本堂の本解体は、昨日13日にほぼすべての作業が終了しました。解体は、彫刻や鬼瓦などの保存部材を一つ一つ確認しながら慎重に行われました。
 本堂の柱には新材が使用されている箇所が所々に見受けられ、屋根瓦のほとんどが昭和期のものであることから、昭和期に比較的大規模な改修が行われたのではないかと考えられます。
B30B6532-7309-4FC1-A8B1-36C5D005C021.jpeg
1月7日撮影
EB3073B2-D414-4BCF-94F8-30968C637406.jpeg
1月8日撮影
55E0CBD4-75E5-4848-B2CC-E7FFD8789C2D.jpeg
1月9日撮影
2855E391-42B3-4458-9AB0-ADFBA5CB8715.jpeg
1月12日撮影
B105E35B-C5EB-4513-8439-A20C98E9AD0E.jpeg
1月13日撮影
06872A63-7370-4777-B424-689BA5FDE605.jpeg
保存のため、取り外した彫刻部材(蟇股)
F12E7EF7-BB4C-4E61-8169-D1904ABECAC8.jpeg
鬼瓦
35EB1913-BD08-466A-971B-B65BC94F0222.jpeg
本堂下の基礎
nice!(0)  コメント(0)